首都圏大学非常勤講師組合

活動報告を『控室』で定期的に行なっています。

首都圏大学のコロナ対策まとめ(8月30日更新)

2021年8月30日

河合塾への復職命令について

2021年7月26日

無期転換権を行使して、雇い止めされなかった非常勤講師のケース

2021年7月19日

非常勤講師の家族も接種対象に。慶応団交レポートと成果(2021年7月15日)

2021年7月16日

コロナ禍における都立大との団体交渉報告

2021年5月26日

非常勤講師18名が1陣と2陣に分けて桜美林大学を集団提訴しました

2021年6月3日

教育機関は国や自治体と協力し、無料で継続的なPCR検査を実施することを求めます。

2021年5月16日

早稲田大のPCR実施要項について

2021年5月15日

オンライン授業の対応で困っている方はいませんか?大学から適切なサポートを受けられなくて悩んでいる方は非常勤講師組合にご相談を。

これまで首都圏にある多くの大学と団体交渉を重ね、着実に成果を挙げてきた労働組合です。組合員は、非常勤講師だけでなく、専任の教員や職員もおり、教育機関で働く労働者であれば誰でも参加できる労働組合です。大学を中心に、予備校や日本語教室で働く方も参加しています。

交渉を重ねてきた主な大学と教育機関は、下記の通りです。

東京大学、早稲田大学、日本大学、桜美林大学、立教大学、専修大学、法政大学、中央大学、東京工業大学、東京藝術大学、電気通信大学、千葉大学、東北大学、茨城大学、横浜国立大学、埼玉大学、東京経済大学、明治大学、明治学院大学、学習院大学、青山学院大学、上智大学、都留文科大学、東邦大学、津田塾大学、河合塾

組合資格について(資格証明書)

神奈川県労働委員会で組合資格が認められています(クリックすると拡大します)。

ご加入を考えている方へ

コロナによるオンライン授業の対応で困っている方、労働条件で悩まれている方、職場のハラスメントに苦しまれている方、働く場で起こる様々な悩みを解決するために、労働組合へ参加してみませんか?ご加入の際は、下記のお問い合わせフォームをご利用いただけます。

首都圏大学非常勤講師組合は、横浜地区労働組合協議会に加盟している労働組合です。

横浜地区労働組合協議会(横浜地区労)